Australia-Japan Research Project

オーストラリア戦争記念館の豪日研究プロジェクト
戦争の人間像
プロローグ

日本軍によるポートモレスビーへの陸路攻撃は、1942721日のブナとゴナへの上陸作戦によって開始された。この計画は同年5月の珊瑚海海戦と6月のミッドウェー海戦の失敗の後、ポートモレスビーを獲得することで、ラバウルの日本軍基地を守り、戦線をオーストラリア北部に拡大し、この地域の補給ルートを遮断させる目的を持っていた。

しかしこの作戦の計画はしっかりとした調査に基づいて立てられたものではなく、兵站支援に不安があった。それにもかかわらず実施が決定されたのだった。海軍の支援を受けて横山先遣隊がまず上陸し、その後第144連隊を中心として構成された南海支隊が、ココダを通過しスタンレー山脈を越えての侵攻の中心となった。


Printed on 05/25/2022 11:01:48 AM